お問い合わせ・よくある質問

弊社へのお問い合わせは、下のメールフォームからお送りください。
また、よくいただくご質問にお答えしています。

(必須)例)日乃本太郎兵衛
(必須)半角で、正確に
(必須)

※入力したメールアドレスに間違いがありますと(.com や .co.jp などの部分が正しく認識されないと)、サーバー自体が迷惑メールと判断し、送信したメールが届かない場合がございます。 恐れ入りますが、メールアドレスは半角で、また、お間違いの無いようにご入力ください。

 

◆よくある質問 ◆

著作権について

Q. サイト内にある絵や写真。コピーして自分のHPなどに掲載していいですか?

A. 許可なくコピーはできません。

サイト内に掲載されております画像(作品・写真・他)、文章など全ての情報は、著作物として保護されています。
これは、弊社が制作しております、リーフレットやご案内ハガキなどにも全て共通しております。

*********************************************************
許可なく、ウェブ上や印刷物などへ使用、転載することを、固く禁じます。
Copyright © TEPPEI SASAKURA / ART TERRACE Inc. All rights reserved.
株式会社アートテラス/笹倉鉄平オフィス
*********************************************************

リンクについて

Q. 自分のHPに、Teepi.Netへのリンクを作っていいですか?

A. リンクフリーではございません。

画家「笹倉鉄平」オフィシャルウェブサイト“Teppei.Net”、または株式会社アートテラスHP へのリンクをご希望される方は、 大変恐れ入りますが、リンク設定予定のホームページアドレスを明記の上「お問い合わせフォーム」を用いて弊社までお知らせくださいませ。

弊社にて該当ページを拝見し、その可否をご連絡申し上げます。

サイトの目的や内容などにより、リンクの設定をお断り申し上げる場合がございますこと、 何卒ご了承くださいませ。

「版元」って何ですか?

Q. 展覧会やギャラリーなどで「版元」という言葉をよく耳にしますが、何のことですか?

A. 制作された版画の「出版元(メーカー)」のことです。

本や雑誌にはその制作を司る出版社がありますが、版画の場合の出版社がこの「版元」にあたります。

画家の描く絵(原画)は1枚しかありません。
しかし、多くの方に絵を楽しんでいただく為に、作家の理解の下、限定枚数の版画が制作され、画廊や百貨店を通して販売されます。

この過程の中で、
①画家から版画制作の許可を得る
②限定枚数の版画を工房や画家の協力を得て制作する
③画廊や百貨店に作品を卸す(お客様に直接販売させていただくこともあります)
の部分を版元が担っています。
つまり「版元」とは、「版画制作元」の略で、その画家専属の「版画メーカー」と言うことになります。

また、本や雑誌の制作と版画の制作で異なることの一つに「出版数」があります。

これは版画の世界では「エディション数」と呼ばれるもので、本や雑誌の場合は販売数が上がると、増刷を繰り返し数を増やし、書店を通して販売されますが、版画の多くは初版の段階で刷る枚数を限定して出版され、更に、それ以上の増刷ができないよう、制作に使用された版を全て処分しています。

絵の著作権は画家に、版画の版権は版元にありますが、多くの「版元」はその管理運営を任されているようです。

ちなみに「笹倉鉄平」の版元は1991~1999年の間「株式会社プロバ」様が、
そして、2000年1月1日より(版画作品に関しては「森のむこう」以降の作品)「株式会社アートテラス(弊社)」が務めています。

エディション番号とその意味

Q. 版画の下に記されている数字や文字(AP、XCIなど)。これってどういう意味ですか?

A. 限定枚数で制作された版画・ジクレーの整理番号です。

版画には制作された部数に応じ、アラビア数字(1、2、3……・)や、ローマ数字(I、II、III……)などの番号が記入されます。
またそれ以外にも、番号のかわりにAP・EA・HC・PP等の文字記号を記したものが、一般的にはプラス10%位制作されています。

これら全ての番号及び文字記号は単なる整理番号であり、どの番号や記号が記されていても作品の価値に全く差異はありません。 (※よくある誤解に、エディション番号の「1」が一番最初に摺られたものと考えている方がいらっしゃいますが、これは間違いです。制作の過程からも、物理的にも、そのようなことは一切ありません。)

文字記号のそれぞれの意味は下記の通りです。

●AP版=(artist proof・英)本来、作家用として制作されたものを表しています。
●EA版=(épreuve d'artiste・仏)直訳すると「作家の校正刷り」という意味になりますが、扱いは、AP版と同じです。
●HC版=(hors commerce・仏)本来、販売時作品見本用の「非売品」を意味します。
●PP版=(printer's proof・英)本来、制作に携わった版画工房の保存用を意味します。

ちなみに、笹倉鉄平が独立して第1作目の版画作品「森のむこう」について申し上げますと……

版画作品「森のむこう」 2000年制作・シルクスクリーン
Arabic:285  Roman:100  Artist Proof:5  Printer's Proof:5
総エディション数:395 となっています。

つまり、版画作品「森のむこう」をお持ちの方は、395枚制作された中の1枚をお持ちになっているということになります。


【 ローマ数字の読み方】
ローマ数字は、 I=1 V=5 X=10 L=50 C=100 の基準となる数字が組み合わされて出来ています。
例えば、III  IV  VIII  XLVII IC  CLXXIX をそれぞれ西洋数字に直して読むと、
III=3  IV=4  VIII=8  XLVII=47  IC=99  CLXXIX=179 となります。ご参考まで。

いろいろある版画の種類

Q. 展覧会で目にする「シルクスクリーン」や「リトグラフ」。これっていったい何のこと?

A. それぞれ、版画の種類(技法)の名称です。

「版画」と聞くと、多くの方が図工の時間や年賀状制作などで、自ら刷ったこともある「木版画」をイメージすることでしょう。これももちろん版画の一種です。

シルクスクリーン、リトグラフ、木版画など、実は版画にはその制作方法(技法)により、幾つもの種類があります。各技法それぞれに特徴があり、作品の魅力をより良く再現するため、作家の意図、原画のイメージなどを考慮し、使い分けられ制作されています。

【主な版画の種類】

<木版画>
・「木版画」と呼ばれるのは、木の板を「版」にしているからです。
・「版」の凸部に着いたインクが紙に転写されるので、「凸版」の仲間です。

<銅版画>
・「銅版画」と呼ばれるのは、銅の板を「版」にしているからです。
・「版」の凹部に着いたインクが紙に転写されるので、「凹版」の仲間です。

<リトグラフ>
・「リトグラフ」と呼ばれるのは石(=リト)の板を「版」にしていたからです。
 (※最近では金属板が利用されることが多いようです。)
・水と油の原理を利用して「版」の上にインクののる部分、のらない部分をつくります。
 インクののった部分のみ紙に転写される為「版」に凹凸をつける必要がなく「平版」と呼ばれます。

<シルクスクリーン>
・シルクスクリーンと呼ばれるのは、昔、シルク(絹)の布を「版」にしていたからです。
 (※現在は化学繊維などの強い生地が使用されています。)
・「版」の生地面にインクを透す部分と透さない部分を加工し、その透す部分(孔)からインクを紙に透過付着させるので「孔版」と呼ばれます。

<ジクレー>
・コンピューターなどデジタル技術の発達により、近年著しく進歩した技法です。
・インクを紙に吹きつけるインクジェット方式を採用し「版」が存在しないため、厳密には「版画」ではありませんが、美術品の修復に使用されるなどその精度は高く、近代の新しい「複製画」として版画と並ぶ位置づけがされています。