弊社へのお問い合わせは、下のメールフォームからお送りください。
また、よくいただくご質問にお答えしています。

お問い合わせ・よくある質問

いろいろある版画の種類

Q. 展覧会で目にする「シルクスクリーン」や「リトグラフ」。これっていったい何のこと?

A. それぞれ、版画の種類(技法)の名称です。


「版画」と聞くと、多くの方が図工の時間や年賀状制作などで、自ら刷ったこともある「木版画」をイメージすることでしょう。これももちろん版画の一種です。

シルクスクリーン、リトグラフ、木版画など、実は版画にはその制作方法(技法)により、幾つもの種類があります。各技法それぞれに特徴があり、作品の魅力をより良く再現するため、作家の意図、原画のイメージなどを考慮し、使い分けられ制作されています。

主な版画の種類

<木版画>
・「木版画」と呼ばれるのは、木の板を「版」にしているからです。
・「版」の凸部に着いたインクが紙に転写されるので、「凸版」の仲間です。

<銅版画>
・「銅版画」と呼ばれるのは、銅の板を「版」にしているからです。
・「版」の凹部に着いたインクが紙に転写されるので、「凹版」の仲間です。

<リトグラフ>
「リトグラフ」と呼ばれるのは石(=リト)の板を「版」にしていたからです。
 (※最近では金属板が利用されることが多いようです。)
・水と油の原理を利用して「版」の上にインクののる部分、のらない部分をつくります。
 インクののった部分のみ紙に転写される為「版」に凹凸をつける必要がなく「平版」と呼ばれます。

<シルクスクリーン>
・シルクスクリーンと呼ばれるのは、昔、シルク(絹)の布を「版」にしていたからです。
 (※現在は化学繊維などの強い生地が使用されています。)
・「版」の生地面にインクを透す部分と透さない部分を加工し、その透す部分(孔)からインクを紙に透過付着させるので「孔版」と呼ばれます。

<ジクレー>
・コンピューターなどデジタル技術の発達により、近年著しく進歩した技法です。
・インクを紙に吹きつけるインクジェット方式を採用し「版」が存在しないため、厳密には「版画」ではありませんが、美術品の修復に使用されるなどその精度は高く、近代の新しい「複製画」として版画と並ぶ位置づけがされています。


ところで、これらの版画技法で、果たしてあの複雑でカラフルな絵が出来上がるのか、まだ合点が行かない方もいることでしょう。
多くの版画は上述の「版」をほぼ色種の数だけ、何版も重ねることで出来上がっています。
色を掛け合わせて表現するのではなく、絵に使用されている微妙な色そのものの色を何色も重ねて行くのです。

別頁に「シルクスクリーンの制作工程」を掲載しています。
制作の様子を具体的に紹介させていただいておりますので、よろしければご覧ください。